ホーム>製品情報>溶接機・切断機>異材接合プロセス>レーザ・アークハイブリッド溶接システム

異材接合プロセス

お問い合わせ

レーザ・アークハイブリッド溶接システム

SYNCHROFEED DISSIMILAR JOINING PROCESS
アルミニウム合金と亜鉛めっき鋼板の
高品質な異材接合を実現

レーザ・アークハイブリッド溶接システム

特徴

  • 高強度な接合
    • ・6000系アルミと鋼板の溶接において、アルミ母材で破断する接合強度を達成
  • 導入が容易
    • ・アーク溶接を基とした異材接合技術であり、現状の溶接ライン設備が流用可能
  • ランニングコストの低減
    • ・接着剤などの異材接合法と比べ、工程時間が低減
    • ・溶接材料は一般的な5000系アルミワイヤのため、他接合法に比べ特殊な材料も不要

適用範囲例

項目 仕様
母材 ・溶融亜鉛めっき鋼板(GI材)と5000系アルミ(Al-Mg系合金)
・溶融亜鉛めっき鋼板(GI材)と6000系アルミ(Al-Mg-Si系合金)
・アルミ(展伸材)とアルミ(鋳物材)
シールドガス 100%Ar
溶接ワイヤ A4043、A5356 (φ1.2mm)
溶接姿勢 下向き
継手形状 重ね隅肉継手
適用板厚 鋼板:1.5-2.0mmt
アルミ合金:1.5-3.0mmt

システム構成例

シンクロフィード溶接システム(ダイヘン製)

レーザ発振器(古河電工製)

マルチモードファイバレーザ(FEC6000M)レーザ出力6kW

レーザ・アークハイブリッドトーチ

古河電工製ビームモード制御機能付きレーザヘッドと、
ダイヘン製シンクロフィード溶接用サーボプルトーチのハイブリッドトーチ

紹介動画

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

各営業所へお問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ