ホーム>製品情報>溶接機・切断機>D-Arc>高能率アーク溶接システム D-Arc

D-Arc

お問い合わせ

高能率アーク溶接システム D-Arc

高電流域における埋もれアークにより、
厚板溶接における高能率化と
高品質化を実現!

D-Arc

特徴

高能率アーク溶接システム

  • 最大板厚19mmの1パス溶接が、高能率溶接を実現
  • 高電流埋もれアークの安定化が、高品質溶接を実現
  • D-Arc溶接が、多層溶接の様々な課題を解決
  • 半自動仕様では用途に合わせて電源の組合わせが選択可能

性能証明について

2020年12月にD-Arcは〈建築技術性能証明書〉 GBRC 性能証明 第20‐16号を取得いたしました。
これにより、JASS6の規定より広い範囲で、所定の溶接品質(※)をD-Arcの施工が満たすと証明されました。
JASS6の範囲におけるD-Arc施工では証明範囲と同等以上の溶接品質が得られます。

(JASS6…日本建築学会発行の鉄骨工事の施工方法に関する標準的な要領書)
(※:引張強さ・降伏点:母材以上 吸収エネルギー値:27J(0℃))

本性能証明における技術の適用範囲

適用鋼材 母材板厚 開先形状 シールドガス
SN490B
SN490C
9~36mm レ形35°
ルートギャップ
2mm以上
炭酸ガス
30~50L/min
溶接ワイヤ 溶接長さ 溶接方法 入熱
YGW18
Φ1.2、1.4mm
150~600mm 半自動溶接
(下向き)
45kJ/cm以下
パス間温度 基準入熱量 溶接電流 溶接電圧
350℃以下 15~45kJ/cm 350~500A 35~45V
溶接速度 ワイヤ突出し長さ ウィービング幅 裏当て金
20~60cm/min 15~35mm
(標準20mm)
20mm以下 あり
溶込み種類 予熱
完全溶け込み溶接 気温5度以上:予熱なし、気温-5~5度:適切に予熱を行う、
気温-5度未満:溶接不可

建築技術性能証明書

紹介動画

導入事例 -建設機械-

ロボット・自動機仕様

溶接電源 WB-DPS
運転方法 2台並列運転
溶接モード D-Arc溶接、直流
定格入力 三相 200V
定格出力(並列運転時) 650A(D-Arc溶接)、750A(直流)
定格使用率(並列運転時) 100%
質量(寸法) 73kg(395×710×810mm)
ワイヤ送給装置 DF-PL、DF-PS
送給制御ユニット DFC-PL、DFC-PS
溶接トーチ DTWH6500S(ストレート)、DTWH6500H(カーブド)
ガス流量調整器 FCR-100N(100L/分)

半自動仕様

溶接電源 WB-DPS
運転方法 シングル(1台) パラレル(2台並列)
溶接モード D-Arc溶接、直流
定格入力 三相 200V
定格出力 500A 650A
定格使用率 50%(D-Arc溶接)、60%(直流) 100%
質量(寸法) 73kg(395×710×810mm)
ワイヤ送給装置 CMW-7403
 - ワイヤ送給速度 22m/分
溶接トーチ BTW500-50
 - 定格電流 500A(CO2)、450A(MAG)
 - 使用率 100%
水冷循環装置 PU-701
ガス流量調整器 FCR-100N(100L/分)

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

各営業所へお問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ