DAIHENという名の挑戦のフィールド

就職にあたっては、広く社会に貢献することができるという観点からB to Bのメーカを主に志望していました。そうした企業を調べてく中でダイヘンにめぐり会い、その堅実な事業内容とグローバルなビジネス展開にとても魅力を感じました。また、離職率や年次休暇などの各種実績の数値を見ても、とても働きやすい環境が整っていることがわかり、本当に人を大切にする会社であることを確信できたことが、私の一番の入社動機です。
私にとって就職活動は、いろんな会社のお話を直接聞けるまたとない機会でした。多くの人が内定を取ることに一生懸命になりがちですが、「社会に出て活躍できること」が大切なのだと思います。これから就職活動をされる学生のみなさんも、ぜひ入社後の自分を思い描きながら活動してみてください。きっと自分に合った会社が見つかるはずです。楽しみながら頑張ってほしいと思います。

営業企画部は、ダイヘン全社の営業施策に横串をいれるため、2015年10月に新設された部です。その中で私は、主に広報・広告の仕事を担当しています。ダイヘンの事業は縁の下の力持ちのようなBtoBのビジネスですが、お客様、さらには社会のお役に立っているということをどうやって市場・社会に伝えていくことができるか日々考えています。 私が働く上で意識しているのは『目的』をしっかり確認しながら仕事をすることです。たとえば広告や広報の仕事の場合、単に『発信すること』が目的ではありません。『誰に』『どんな』情報を届け、どう『リアクション』してもらいたいのか?を明確にすることが大切になります。これを突き詰めると、情報発信のあり方がまったく変わってくることもあります。だからどんなに小さな仕事でも、まずは『目的』を明確化して、最適なアウトプットを出せるよう心がけています。

ダイヘンは、独自のパワーエレクトロニクスやメカトロニクスを駆使して日々新しい製品や技術を開発している会社です。つい最近も、今後電気自動車などへの活用も期待される画期的な「ワイヤレス給電システム」が業界内外で注目を集めましたが、そんなダイヘンならではの「世界初!」の技術・製品を世に広める広報活動は、私自身が開発者ではないものの、とても誇らしくて少しでも多くの方に知ってもらいたい気持ちになります。 BtoBの技術や製品は一般の方には『どうすごいのか』が解りにくいものですが、「世界初!」の技術・製品は、社会的にも大きなインパクトを持っています。それを広くわかり易く伝えるために知恵を絞り、工夫を凝らした結果、新聞やネットニュースに取り上げられ、SNSなどで反響があった時はとてもうれしくて、やりがいを感じる瞬間ですね。

広報活動では、新しい手法をどんどん取り入れた新たな挑戦をしています。たとえば、現在強化しているデジタルマーケティングの一環として開始したYouTubeによる動画配信。最初は社内からSNS?と懐疑的意見もありましたが、始めてみると「WEBサイト×YouTubeを活用して、こんな動画を作りたい!」という声などが次々と出て、活用の輪が広がっています。
いま、私が挑戦している大きなテーマの1つに「ダイヘンを有名にする」ということがあります。一般の方にもより知られる会社になれば、お客様の購入検討の土俵に乗りやすくなったり、リクルーティングへの好影響や社員のモチベーションアップなどに繋がるので、長期的な視点で会社のビジネス全体に好循環を生み出していきたいですね。これまでのダイヘンには無かったような新しい挑戦に積極的に取り組んでいきたいと思います。

〒532-8512 大阪市淀川区田川2-1-11
TEL / (06)6390-5503(人事部直通)
Mail / saiyo@daihen.co.jp