DAIHENという名の挑戦のフィールド

学生時代から、就職にあたっては単にサービスを提供するのではなく、実体がある“モノ”を商品として取扱いたいと考えていました。良いモノを作り、提供することを通じてお客様に喜んでいただき、人々の生活を支え、社会に貢献することができる会社を基準として就職活動を行っていたなかで、ダイヘンと巡り合いました。
また、学生時代に海外を広く旅した経験から、将来的には世界中の人々を相手にビジネスがしたいという思いがあり、ダイヘンなら産業用ロボットをはじめ、世界中の市場で戦っていくことのできる様々な製品があり、グローバルに活躍できるチャンスがあると確信し、迷わず入社を決めました。

ワイヤレス給電システム部は、ダイヘンの新規事業として2016年4月に新設された部門です。
ワイヤレス給電は、世界が注目している画期的な技術です。将来的には、電気自動車にも使用される公共インフラ技術として広く社会に浸透していくポテンシャルも秘めており、ダイヘンは独自のワイヤレス給電技術で未来に向けたイノベーションを提案し続けています。
私は、国内では中部地区、海外は欧州を中心に営業を担当していますが、現在ターゲットとしているのは、工場内で搬送用に使われる電動車両です。
今、ファクトリーオートメーション(工場自動化)が世界中で急速に拡大し、ほぼ無人で24時間稼働する工場が増えるなか、そこで活躍する数多くの電動車両におけるワイヤレス給電に大きな需要があり、私たちの製品がお客様の高度な自動化に貢献できると考えています。お客様への企画提案や技術展示会への出展など、日々営業活動に奔走するなか、大きな夢とともに充実した毎日を過ごしています。

私は溶接メカトロ事業での営業を経て、営業企画部に異動しワイヤレス給電システムを新規事業として立ち上げる業務を担当したことから、そのまま現在の部に所属することになりました。新設されたばかりの部門ですので、単に製品のセールスを行うだけでなく、マーケティングや販売促進プランの策定や展示会の企画運営など、当該システムの販路開拓にトータルに携わっています。
これまでにない新しい技術を広めていくには、お客様の隠れたニーズを引き出し、それに応えられる導入メリットをわかりやすく提案することが何よりも大切であると思っています。お客様に喜んで購入いただくために、私たちは、考えて、考えて、考え抜いて営業活動を行っていますが、その努力が報われ良い結果を得られたときは本当にうれしく、やりがいを感じますね。
ダイヘンは、若手社員であっても、どんどんチャレンジするフィールドが与えられる会社だと思います。

画期的な新技術を世の中に広く普及していくことは、メーカーとしても本当に大きなチャレンジであり、企業が持つ様々な力を結集することで初めて可能になるものだと感じています。自分ひとりの力でできることはごくごく限られていますので、技術部門、製造部門他、様々な部門や代理店の方々など、あらゆる関係者を巻き込んで仕事を進めていく必要があります。
社内外の方々の協力を得ながら、ワイヤレス給電システムの導入実績を積み、部の売上を伸ばし、将来的にはこのシステムをダイヘンの柱となる事業に成長させることが、いまの私の夢であり目標です。「ダイヘンといえば、ワイヤレス給電。ワイヤレス給電といえば、ダイヘン。」電源コードが存在しない未来で、ダイヘンがそのように語られる日が必ずやって来ることを信じて、精一杯チャレンジしています。

〒532-8512 大阪市淀川区田川2-1-11
TEL / (06)6390-5503(人事部直通)
Mail / saiyo@daihen.co.jp