ホーム>製品情報>溶接機・切断機>溶接Q&A>基礎知識>Q1. CO2/MAG溶接などの電圧調整方法である「個別」と「一元」について教えてください。

溶接Q&A 基礎知識

Q1. CO2/MAG溶接などの電圧調整方法である
「個別」と「一元」について教えてください。

質問ページに戻る

安定した溶接を行うには、溶接に適したアーク長になるよう、適切な電圧を設定する必要があります。設定電圧が低すぎると、パンパンとワイヤをはじくような溶接となり、逆に設定電圧が高すぎると、アンダーカットのなどの溶接欠陥が発生したり、最悪な場合、ワイヤとコンタクトチップが溶着してしまうことにもつながります。アーク長調整の為の電圧調整には、技量と経験が必要となります。

「個別」電圧調整法は、溶接電源の電圧設定をシンプルに溶接作業者が設定するものです。溶接の技量と経験が豊富な方に向いています。
これに対して「一元」電圧調整法は、溶接電流を設定するとメーカ側であらかじめ入力した適正アーク長に近い電圧設定値を読み出すようにしてあり、その値を中心にして、最終的に溶接作業者の方に微調整してもらう方法です。電圧調整が簡単です。
しかし「一元」は、延長ケーブルや突出し長さなど、メーカーがある溶接環境を想定して求めております。その想定と大きくずれると、微調整の範囲では合わなくなる場合があり、その際は「個別」調整するという使い方もございます。

質問ページに戻る