ホーム>製品情報>電力機器>変圧器>OTVR10形真空バルブ式負荷時タップ切換器

OTVR10形真空バルブ式負荷時タップ切換器

お問い合わせ

OTVR10形真空バルブ式
負荷時タップ切換器 駆動部に可変トルクコントロールシステムを採用し、既設油中アーク式との完全レトロフィットを実現

特徴

優れた保守経済性を実現できます。

  • 絶縁油が汚損しないため、点検周期を20万回または20年まで延伸できます。
  • 活線浄油機が不要になります。
  • 機構部品を一切取り替えることなく、既設油中アーク式との完全レトロフィットが可能です。

小型・軽量化を図れます。

  • タップ選択器はOTMRTⅢ10形と共用とし、小型・軽量を維持しています。

優れた絶縁・遮断・通電性能を確保できます。

  • 各電極には電界緩和を図り、絶縁性能を向上しています。
  • 切換開閉器の負荷開閉部には遮断性能に優れた真空バルブを採用しています。
  • 真空バルブの採用により、アンバランス消耗を解消しています。
  • 切換開閉器には、変圧器の保護を優先させた切換方式を採用しています。

定格及び性能

  OTVR10
適用 三相星形中性点切換
絶縁強度 中性点:70号、100号
ステップ電圧 2000V
通過電流 1200A
ステップ容量 2400kVA
タップ点数 最大35点
定格周波数 50/60Hz
機械的耐用切換回数 80万回
電気的耐用切換回数 20万回
過電流切換能力 150%
短時間耐電流強度 熱的 12000A(実効値)2秒間 
機械的 2.55×12000A(初期波高値)
耐油密 0.03MPa
適用電動操作機構 MM-4形

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

各営業所へお問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ