ホーム>製品情報>電力機器>変圧器>トップランナー油入変圧器

トップランナー油入変圧器

お問い合わせ

トップランナー油入変圧器 確かなエネルギーコントロール技術により創造性に富んだ次世代のエネルギー社会を構築します。

トップランナー方式とは

トップランナー方式とは、「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」における省エネルギー基準策定方式で、省エネ法で指定する特定機器のエネルギー消費効率を、現在商品化されている製品のうち、最も優れている製品の性能以上にするという考え方です。
油入変圧器は2006年に第一次判断基準がスタートし、運用されてきましたが、2014年4月からは「トップランナー変圧器2014」として第二次判断基準がスタートしました。

特定機器の適用範囲

  適用範囲 適用除外機種
機種 油入変圧器
モールド変圧器
・ガス絶縁変圧器
・H種乾式変圧器
・スコット結線変圧器
・電力会社向け柱上変圧器
・モールド灯動共用変圧器
・水冷または風冷変圧器
・3巻線以上の多巻線変圧器
容量 単相10~500kVA
三相20~2000kVA
電圧 高圧 6kVまたは3kV
低圧 100~600V

油入変圧器に関わる規格動向

2000年7月
(2005年9月廃止)
JEM 1474:2000 「配電用6kV高効率油入変圧器の特性基準値」制定
2003年1月
(2005年9月改正)
(2014年3月廃止)
JEM 1482:2005 「特定機器対応の高圧受配電用油入変圧器におけるエネルギー消費効率の基準値」制定
2005年4月 JIS C 4304:2005 「配電用6kV油入変圧器」改正
2012年8月
(2014年9月改正)
JEM 1500:2014 「特定機器対応の油入変圧器における基準エネルギー消費効率」制定
2013年5月 JIS C 4304:2013 「配電用6kV油入変圧器」改正

グリーン購入法

ダイヘントップランナー変圧器は、『国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律』(グリーン購入法)の特定調達品目に適用されます。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

各営業所へお問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ