ホーム>製品情報>電力機器>変圧器>ソーラートランスシリーズ

ソーラートランスシリーズ

お問い合わせ

ソーラートランスシリーズ ソーラートランスは『”α”機能』と『シェアリング』構造により、太陽光発電設備全体の省スペース化・低コスト化・工期短縮を可能とします。

ソーラートランスα機能

系統電圧低下を抑制
発電設備の系統連系時に考慮が必要な瞬時電圧低下対策。
この原因となる励磁突入電流をソーラートランスαが抑制するため、変圧器で瞬時電圧低下対策が可能となり、励磁突入電流抑制用機器を別途設ける必要がなくなります。

瞬時電圧変動対策とは?

励磁突入電流による電圧降下が系統への影響が大きく、系統連系規定にある許容値(※1)を逸脱する場合、系統連系協議時に励磁突入電流抑制が求められます。発生した励磁突入電流を付属機器で抑制する場合もありますが、ソラトラαは変圧器自体が励磁突入電流を抑制する構造となっています。

(※1)発電設備等の連系時の検討においては、低圧の場合と同様、発電設備等の並解列時の瞬時電圧低下は常時電圧の10%以内とし、瞬時電圧低下対策を適用する時間は2秒程度までとすることが適当である。出典 : JESC E 0019(2012)系統連系規定 JEAC 9701-2012

シェアリングタイプ

複数の機能を1台にシェアリング
最大3台分の変圧器を1台に集約。
太陽光発電設備全体の省スペース化 ・ 配線の省略を可能とします。

ソーラートランスW1の例

発電効率を高めるために、高効率な変圧器を

トップランナー変圧器2014に適合
ソーラートランスシリーズは省エネ法にて規定されてるエネルギー消費効率の基準『トップランナー変圧器第二次判断基準』に適合。高いエネルギー変換効率により、発電事業の採算性が向上します。 また、ダイヘンの高効率〝エアコン・レス〟パワーコンディショナを同時に採用頂くと、更なる収益の向上が図れます。

太陽光発電設備の構成例

ソーラートランスシリーズ

シリーズ 構成 容量
(kVA)※1
トップランナー
変圧器2014
ソーラー
トランスα
シェアリング
タイプ
ソーラー
トランスα
ソーラー
トランスα
333/500  
ソーラー
トランスS1
昇圧
変圧器
+
補機
トランス
333+10/
333+20/
500+10/
500+20
 
ソーラー
トランスS1α
ソーラー
トランスα
+
補機
トランス
333+10/
333+20/
500+10/
500+20
ソーラー
トランスW1
昇圧
変圧器
+
昇圧
変圧器
+
補機
トランス
500+500+10/
500+500+20/
500+500+30
 
ソーラー
トランスw1α
ソーラー
トランスα
+
ソーラー
トランスα
+
補機
トランス
500+500+10/
500+500+20/
500+500+30
ソーラー
トランスW
昇圧
変圧器
+
昇圧
変圧器
500+500  
ソーラー
トランスWα
ソーラー
トランスα
+
ソーラー
トランスα
500+500

ソーラートランスα:励磁突入電流抑制機能付昇圧変圧器 ※1:個別仕様にも対応いたします。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

各営業所へお問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ