ホーム>ニュースリリース・お知らせ>2017年度>バーチャルパワープラント構築実証事業におけるリソースアグリゲーター登録のお知らせ

ニュースリリース・お知らせ 2017年度

バーチャルパワープラント構築実証事業におけるリソースアグリゲーター登録のお知らせ

平成29年07月14日

バーチャルパワープラント構築実証事業におけるリソースアグリゲーター登録のお知らせ

■要旨

株式会社ダイヘンは、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「平成29年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(以下、VPP※1)構築実証事業」において、リソースアグリゲーター事業(B事業)※2に申請し、平成29年7月14日に当該実証事業の執行団体の一つである一般社団法人環境共創イニシアチブからリソースアグリゲーターに登録されました。

当社は、需要家が保有・導入する産業用・業務用蓄電システムの制御に関して需要家と直接契約し、蓄電システムに対する遠隔制御・統合管理を行います。また、当該実証事業におけるVPP構築実証事業(A事業)で採択された関西電力株式会社と連携し、VPPサービス※3にかかる実証を実施してまいります。

■背景

当社は、平成28年度に経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「平成28年度 VPP構築実証事業」に関西電力株式会社をはじめとした14社で共同申請し、採択されました※4。本実証事業を通じて、当社独自の制御技術「Synergy Link」を用いて、当社の蓄電システム「DISOLA POWER STORAGE PACK」を遠隔制御・統合管理するVPP構築に取り組んでまいりました※5

■VPP構築実証事業を活用し蓄電システム導入を検討されるお客様をサポートします

「平成29年度 需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業」では、産業用・業務用蓄電システムを導入するお客様が、当該実証事業で採択されたリソースアグリゲーターと蓄電システムの制御の契約を締結する等により、国から導入費のうち設備費用で最大1/3、工事・据え付け費用で最大1/2の補助金を受けることができます※6

当社は、リソースアグリゲーターとして、蓄電システム「DISOLA POWER STORAGE PACK」と、蓄電システムの遠隔制御によるエネルギーマネジメントをトータルでご提案し、当該補助金活用による蓄電システムの導入をサポートいたします。

■お問い合せ先

株式会社ダイヘン エネルギーソリューション部
TEL:06-6390-5530

※1 バーチャルパワープラント(VPP)とは
再生可能エネルギー発電設備や蓄電池等のエネルギー設備やデマンドレスポンス(以下、DR)等の電力グリッド上に散在する需要家側のエネルギーリソースを、高度なエネルギーマネジメント技術を用いて統合的に制御することにより、あたかも一つの発電所のように電力エネルギーの需給調整をするもの。

※2 需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業
経済産業省が、VPP実証に要する経費を補助することにより、需要家側のエネルギーリソースを供給力・調整力等として活用するビジネスモデルの構築やネガワット取引の活用の機会の拡大を図り、内外の経済的社会的環境に応じた安定的かつ適切なエネルギー需給構造の構築を図ることを目的とする実証事業です。

※3 VPPサービス
次の三つの制御を想定しております。
・一般送配電事業者向け電源I-bを想定した早い制御(電源I-bDR)
・小売電気事業者向けインバランス抑制制御(小売り向けDR)
・需要創出DR制御(上げDR)

※4 VPP構築実証事業への参画について
当社ニュースリリース(2016年7月28日)をご覧ください。
http://www.daihen.co.jp/newinfo_2016/news_160728.html

※5 VPP構築に向けた太陽光発電および蓄電池システムの運用開始
当社ニュースリリース(2017年2月23日)をご覧ください。
http://www.daihen.co.jp/newinfo_2017/news_170223.html

※6 平成29年度「VPPリソース公募」について
一般社団法人環境共創イニシアチブのホームページをご覧ください。
https://sii.or.jp/vpp29/resource.html