作業方法と設備の改善

主な取組み内容

障害者の作業領域の拡大と作業負担の軽減

絶縁物の加工を行うには大半の工程で数値管理が必要となります。計算や数量管理の苦手な人でも無理なく作業ができるよう絶縁加工用専用機を導入し、自動化を推進しています。

いずれも難易度の高い作業をタッチパネル操作により指定された加工が自動的にできる設備となっています。

障害者の作業内容

●活発な提案活動とハンディを補う設備、治工具、ゲージと作業方法の工夫により健常者と変わらない生産活動を行っています。
●仕事を正しく効率的に行うために自分たちで考えついたアイデアやヒントにより職場の改善を行い「難しい仕事を易しく」できるようにしています。

●ゲージによるダクト貼付

●スリッターによるロール品加工

●自動機による勾配加工

●自動機による断裁加工

このページのトップへ