ホーム>会社情報>公的研究費の適正管理及びその研究活動上の不正行為への対応における責任体制図

公的研究費の適正管理及びその研究活動上の不正行為への対応における責任体制図

当社は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日文部科学 大臣改正)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣改正)、及び「公的研究費の不正な使用等の対応に関する指針」(平成25年1月22日経済産業省改正)に 基づき、公的研究費を適正に運営し、また、その研究活動上の不正行為に対応しております。

1. 責任体制

最高管理責任者 代表取締役社長 全社を統括し、公的研究費の適正な運営・管理を実施します。
統括管理責任者 技術担当役員 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の適正な運営・管理を実施します。
コンプライアンス推進責任者
研究倫理教育責任者
(責任者)
技術開発本部長、各事業部長
研究開発実施部門において、公的研究費の適正な運営・管理を実施します。
(副責任者)
各企画部長、各開発部門長、
各技術部門長

2. 公的研究費及びその研究活動上の不正行為に関する問い合わせ・相談窓口

株式会社ダイヘン 総務・法務部
〒532-8512 大阪市淀川区田川2丁目1番11号
電話:(06)6301-1212 FAX:(06)6304-7154
※公的研究費及びその研究活動上の不正行為に関するお問い合わせ・ご相談につきましては、書面、電話、FAXもしくは当ホームページの「お問い合わせ」のページからお願い申し上げます。